オマーンの海で潜る

【698日目】マスカット(2017年11月5日のおはなし)




2017110501_宿
宿


これが1泊3,000円の宿のエントランスです。

まぁ正直ね。このクオリティで1泊3,000円ってのは日本なら破格だと思いますよ。

単純に3,000円も宿泊費に払いたくないし、このレベルのクオリティは求めていないってだけの話でね。

ほんと宿なんかベッドとシャワーとWi-Fiがありゃあいいんですよ。

あとまぁキッチンもあればなおいいし?部屋にはぜひ窓も欲しいところですし?寒い国なら暖房、暑い国なら冷房も欲しいですね。ついでに言えばシャワーはぜひホットがいいですし。シャワーのヘッドも快適で水圧もいい感じであればなおのこと。ベッドもふかふかの方がいいし、それでいて程よく反発があると腰にも負担がかかりませんし。トイレは共用でもかまいませんが、ぜひトイレットペーパーは置いてあって欲しいですね。それと洗濯物を干すところがあるといい。しかもその洗濯物干し場に太陽があたるロケーションであるとベスト。洗濯バサミとかハンガーとかが引っかかっていると最高ですね。さすがに洗濯機まで置けとは言わないですが、手洗い用のバケツ的なものはあって欲しいですね。キッチンはもちろん清潔な方がいいし。調理器具もある程度は揃えておいて欲しいですね。そうですねぇ、最低限大きさの違う鍋数種類とフライパン、まな板と包丁はもちろんのこと。あとできれば塩と砂糖と油ぐらいはフリーで置いてあって欲しい。あと皿ね。皿がなんか浅いのしかないことも多いんですが、そこは是非ともスープとかラーメンの食べられる深い器もあると嬉しい。あとコーヒーとかのためにいちいちお湯を沸かすのも手間なので、電気ケトルみたいなのもあると助かりますね。Wi-Fiは当然早いほうがいい。ブツブツ切れたりされると面倒なんですよ。あとベッド脇にコンセント欲しいですね。コンセントのシェアとかめんどくさいし、ベッドから遠いとPCとか寝てる間に充電するのちょっと憚られますし。コンセントはもちろんベッドの頭側にあるといいですね。寝る前とかスマホいじりたい系男子なんでね。あと、コンセントの指口がめんどくさい国は、あらかじめ万能型のコンセント形状にしておいてくれるとありがたい。あとベッドに照明がついているといいなぁ。部屋にはロッカーは当然欲しいですし、そのロッカーの鍵は自前の南京錠が付けられるタイプじゃないとダメですね。しかもそのロッカーの中にもコンセントがあると、PCとか充電しながら鍵をかけられるわけですよ。画期的でしょ?そのロッカーも遠くじゃなくてベッドの近くがいい。ベストはベッドの下。バックパックを広げられるぐらいのスペースは当然欲しいし、それでいて広げっぱなしにならないような収納スペースがあると部屋がすっきりしていいですよね。それにさらに言えばあれがこれであれあれあ。。。











で、1泊500円ぐらいでお願いしたいですね。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





えー。本日はですね、なんとダイビングに行きたいと思います。

オマーンの海って意外と知られていないのですが、なんかダイビングが有名らしい。

それで昨日電話していたのですね。ダイビングの予約の電話です。

ただまぁ、、、高いんですよ。

ダイビング1本50R(15,000円ぐらい)ぐらいするんですよ。

しかもそのダイブショップが郊外にしかなくて、そのダイブショップに行くための交通機関が無くて、じゃあどうするって当然タクシーで、となるわけですがその金額が片道8R(2,400円ぐらい)とか言うわけですよ。

15,000円のダイビングしに行くのに往復で5,000円払えというもうオマーン何考えてんだって感じですよね。ぼくが内閣総理大臣ならオマーンからの石油の輸入に制限をかけるレベルです。




2017110502_マスカット市内
マスカット

マスカットはいくつかの地区に分けられるのですが、おおむねこのようにごつごつした岩山の合間に広がっています。

建物はだいたい真っ白に塗装されており、なんだか南国な雰囲気。

お隣のUAEに比べると大都会感はほとんど感じず、ここ首都のマスカットもどちらかと言うと地方都市っぽい。


2017110503_マスカット市内
マスカット

そんなマスカット市内を走るタクシーを捕まえます。

片道7R(2,100円ぐらい)のところを6R(1,800円ぐらい)にしてもらいました。

どうでもいいけど、5R、6Rって言われるとなんだか安く感じてしまいますが、実際1,500円、1,800円とかなのでハマるとかなり危ない罠ですよコレは。





2017110504_ダイブショップ
ダイブショップ

はい。ダイブショップ到着です。

ここは、シャングリラホテルという超リッチなリゾートホテルに併設されているダイブショップ。

本当はこういうバカ高いところには来たくなかったんですが、調べて連絡が取れるところはどこもこういう高級ホテルに併設されているところばかりだったのです。

ここに来る途中、タクシーの運転手に「他のとこも知ってる」と言われました。

まぁそうだろうなとも思ってたんですよ。こんな高級ホテル併設のものばかりじゃないだろうとはね。

でも、それ予約とかしようと思ったら実際に行かないといけないでしょ。連絡先分かんないんだから。

そもそもタクシー運転手みたいな、知ってる人しか知らない場所なわけで。

もちろん物価の安い国なら行きますよ。ダイブショップって店によって雰囲気とか全然違うので、出来ることなら予約するときに実際に行ってみて判断したいところなんですよ。

でもこの国の場合はですね。




ショップまで行って帰るだけで3,000円以上かかるわけです。




ありえないでしょ?

もう沈めって感じですよね。まぁ彼らは沈んでるんですけどね?日常的に。




2017110505_ダイブショップの海
ダイブショップ近くの海

ダイブショップ近くの海。

オマーンの海岸線はリアス式海岸で、このように複雑に入り組んだ入江があって、サンゴもいて魚も多くて絶好のダイブスポット、、、らしい。


2017110506_ダイブショップ
ダイブショップ

ここが今回お世話になるダイブショップ。

ぼくと一緒に潜る人たちは、全員このシャングリラホテルに滞在中の方達でした。セレブリティですね。




高いだけあってサービスは行き届いていました。ダイビング前の誓約書(死んでも文句言いませんみたいなの)をわざわざ日本語版で用意してくれたり、説明も丁寧だし、水も飲み放題だし、機材の管理もしっかりしていそうです。

でも更衣室がありませんでした。

基本的にこのシャングリラホテルの客を相手にしているショップなので、部屋から水着で来て水着のまま帰れというスタンスのようです。






2017110507_ダイビングなう
ダイビング開始

まぁなんでもいいんですけどね。

ぼくは潜れりゃあ文句ないんですよ。

あの素晴らしいと評判のオマーンでのダイビング。

これを堪能できれば15,000円だろうが更衣室無かろうが別に問題は無いんですよ。潜れさえすれば。

潜れさえ、、、。



潜れさえ、、、、、?











沈まねぇ。。。











普段3キロぐらいのウェイトを付けているんですが、一切沈みません。

インストラクターのお姉ちゃんの話によると、ここらの海はかなり塩分濃度が高いらしい。

その分浮力も高いので、普段よりウェイトを重くしないと沈まないのだとか。

結局、海中でウェイトを追加してもらい、6キロ背負ったところでようやく沈みました。



さぁ念願のオマーンの海。

念願のコーラル・リーフ。

どんと来いこの野郎。











2017110508_ダイビング

2017110509_ダイビング
コーラル・リーフ


視界悪い。。。



えぇ〜。。。視界悪い〜。。。

入江の中だからかなぁ、、、内海って基本濁ってるもんね。でも川とかないから、、、う〜ん微妙。。。



そうは言っても今までで最大のサンゴ礁。

じっくり堪能しましょうか。



2017110510_ダイビング

2017110511_ダイビング

2017110512_ダイビング

2017110513_ダイビング

2017110514_ダイビング

2017110515_ダイビング
コーラル・リーフ

サンゴって硬くないのもいるんですね。

波に揺られてふわふわしているのもいました。



あとは海の生き物も。


2017110516_ナマコ
ナマコ。大量にいた。

2017110517_カレイ
カレイ。ヒラメかも。

2017110518_イカ
イカ

2017110520_カサゴ
カサゴ系の魚

2017110521_クマノミ
クマノミ

2017110522_魚
魚群

2017110523_カレイ
カレイ。ヒラメかも。

2017110519_なんだこれ
変な色の変な生き物


今日イチの大物はイカかな。美味しそうだよね。イカ。





ダイビングが終わり、ショップに戻ります。

今日はメンバーがアレだったのか、ぼくが久しぶりだというのを考慮されたのか、浅いところをふわふわするような内容でした。

MAX15メートルぐらいまでしか行かないから酸素もあまり放題なんですけどね。

やっぱり1本だと物足りないなぁ。。。

視界も悪かったし、払った金額を考えるとかなりコスパ悪いような気が、、、




インストラクターのお姉さん「あなた上手ね!最高だったわよ♡」











うん。まぁいいか。いいな。うん。万事オッケーだろ。うん。いい。











にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


今日もありがとうございました。




   
   

[ 2017.12.08 | オマーン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム