世界遺産のモルダヴィアの教会群巡り

【872日目】グラ・フモルルイ(2018年5月31日のおはなし)






はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は、グラ・フモルルイを拠点に周辺の教会群を見学していきたいと思います。



【ルーマニアの世界遺産】モルダヴィアの教会群

このピンを回収していく作業ですね。

まず最初に東の一番遠いところへ向かい、それから反時計回りに螺旋状に進んで行くプランを取ります。


2018053102_モルダヴィアの教会群
今日の予定ルート

ただ今日一日で全部は厳しそうなので、途中でめんどくさくなったらそこで終わりたいと思います。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018053103_モルダヴィアの教会群
グラ・フモルルイ→プロボタ

というわけで出発します。まず目指すはプロボタという村。


2018053110_グラ・フモルルイ→プロボタ
グラ・フモルルイ→プロボタ

今日は昨日の反省を活かし、助手席のなんぶちゃんにカメラを渡して道中の写真も撮ってもらうことにしました。

自分のカメラとビデオカメラも取り出し、持ち替えたりシートベルトに絡まったりしてわちゃわちゃしています。


2018053111_グラ・フモルルイ→プロボタ

2018053112_グラ・フモルルイ→プロボタ

2018053113_グラ・フモルルイ→プロボタ
グラ・フモルルイ→プロボタ

まぁしかしいい景色ですね。ちょうどいい時期なんじゃないでしょうか。

道路沿いはだいたい麦畑ですかねー。収穫を終えた後の草を刈ってまとめている作業なんかもしています。飼い葉ってこうやって作るのね。


2018053114_グラ・フモルルイ→プロボタ
馬車

あとこれはハンガリーで他の旅行者さんから聞いていたのですが、ルーマニアは馬車が普通に走っています。

もうぱっこぱっこ走っています。

ただこれはちょっとお馬さんが見えないから次回見かけたらちゃんと撮ってね?これじゃ何か分からないからね?


2018053115_グラ・フモルルイ→プロボタ
運転中

あぁいいですね。

なんか運転してますよーみたいな感じを狙っているのですね。


2018053116_グラ・フモルルイ→プロボタ
運転中

そうそう。こうやってね。うんうん。


2018053117_グラ・フモルルイ→プロボタ
運転中

はいもういいですよー。何枚撮るんですかー。





2018053118_プロボタ修道院
プロボタ修道院

はい。プロボタのプロボタ修道院に到着しました。




えー。ここで、今日まわっていく『モルダヴィアの教会群』について。


モルダヴィアの教会群

北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。およそ1487年から1583年の間に建設された。

壁画に描かれているのは、キリストの受難と復活、オスマン帝国との戦争が主である。過酷な戦争の中、壁画は特別な意味を持って描かれた。当時、モルダヴィアの人々にとって最大の苦難が、イスラム教の大国オスマン帝国からの攻撃であった。そこで村の人々が、どこにいても勇気と励ましを得られるよう、教会の外にまで壁画が描かれた。村民はキリストの受難と復活を自分たちの運命に合わせて、つらい時代を乗り越えることができたと伝わっている。

1993年に以下の一覧のうち最初の7つが「モルダヴィア地方の教会群」としてユネスコの世界遺産に登録され、2010年に復活教会が拡大登録された。そのひとつプロボタ修道院は、日本のユネスコ信託基金により、1996年から5年をかけて当時芝浦工業大学教授の三宅理一のもと、保存修復事業が実施された。

引用元:Wikipedia




ということで。

教会や修道院ってのは聖堂の内部にフレスコ画を描く、時に埋め尽くすことが多いです。が、ここの教会群で独特なのは外壁までフレスコ画で埋めてしまった、というところですね。

そんでなんか日本のアレが関係しているヤツが一つあるとかなんとかで、あ、ここか。ここのことです。



では、そんな世にも珍しい外壁にまでフレスコ画しちゃった修道院のひとつめをどうぞ。



2018053119_プロボタ修道院
プロボタ修道院

ぱぱーん。


2018053120_プロボタ修道院
プロボタ修道院

ぱぱぱぱーん。




いやぁ。。。











いい天気。











ほんとこないだのホレズ修道院みたいになったらテンション下がりすぎて泣くところだったんですが、いい天気ですねぇ。ドライブ日和ですよほんと。


2018053121_プロボタ修道院

2018053122_プロボタ修道院
プロボタ修道院

このように、ほんとに外壁にもびっしりとフレスコ画が描かれています。

ただこの面だけですね。残っているのは。裏側はほとんど消えていました。そりゃやっぱり風雨にさらされるところに書いた絵ですからねぇ。消えますよねぇ。500年前のだしねぇ。


そういう意味では修道院の内部はやはり保存状態が良いですね。


2018053123_プロボタ修道院

2018053124_プロボタ修道院

2018053125_プロボタ修道院

2018053126_プロボタ修道院

2018053127_プロボタ修道院

2018053128_プロボタ修道院
プロボタ修道院内部

まぁ保存状態うんぬんっつーか、、、





描きすぎじゃない?





すごいですねこれ。よくやりますよね。ほんと人間に信仰心持たせるととんでもないことするんで驚いてしまいますよ。昨今の企業が社員を洗脳して社畜教に入信させたがるのも頷けますよね。信仰心持たせるとすごいんですよ。人間は。

ここは入場料が5L(150円ぐらい)で写真撮影代が6L(180円ぐらい)。隣国のブルガリアなんとかという国の値段設定に比べるとずいぶん良心的です。

ちなみに普段宗教施設の写真は控え目に貼るのですが、ここはちゃんと料金を払っているのでガッツリ目に載せてみました。











2018053104_モルダヴィアの教会群
プロボタ→スチャバ

はい。じゃあ次行きましょう。

お次はスチャバという街を目指します。ここは村じゃないです。というかこの辺りの中心的な都市で、仮に公共交通機関でこの辺りを廻ろうとするならスチャバを拠点にすることになると思います。


2018053129_プロボタ→スチャバ
プロボタ→スチャバ

遮断器のない、一時停止すべきが否かがさっぱり分からない線路。

そして分かりにくい。走ってて、「あ、今線路だったわ」みたいな感じになります。危ないまじで。


2018053130_プロボタ→スチャバ
プロボタ→スチャバ

まぁさすがこの辺りの中心的都市に向かう道なだけあって、そこそこ路面状況がいいですね。そこそこですよ。そこそこですが、他と比べるとだいぶいいです。





2018053131_聖ゲオルゲ教会
聖ゲオルゲ教会

はい到着。スチャバにある「聖ゲオルゲ教会」です。

ここはどうも入場無料のようですね。というか教会として現役のようです。たくさんの信者の方が訪れており、また小学生らしき集団が来ていました。社会科見学的なあれですかね。


2018053132_聖ゲオルゲ教会
聖ゲオルゲ教会

ただ肝心の外壁のフレスコ画がこの程度の残り具合。


2018053133_聖ゲオルゲ教会

2018053134_聖ゲオルゲ教会
聖ゲオルゲ教会

内部はさきほどのプロボタ修道院に負けず劣らず素晴らしい装飾具合でしたが、料金も払ってないし信者の方がお祈りされているので控え目に。


さっきのプロボタ修道院にも現役で修道士さんがいらっしゃったのですが、ここもどうやらそのよう。そしてこちらの方がだいぶ規模が大きいようです。


2018053135_聖ゲオルゲ教会

2018053136_聖ゲオルゲ教会

2018053137_聖ゲオルゲ教会

2018053138_聖ゲオルゲ教会
聖ゲオルゲ教会

敷地内にはいろいろな建物が建っており、しっかりお手入れもされている様子でした。

ただまぁ観る対象としては大したことないですね。外壁がアレですからね。











2018053105_モルダヴィアの教会群
スチャバ→パトラウツィ

続いて向かうのはパトラウツィという村。

ここはスチャバからすぐ近くで、公共交通機関を用いて自力で行く場合も比較的ラクにたどり着けそう。





2018053139_パトラウツィの聖十字架教会
聖十字架教会

はい到着。パトラウツィの聖十字架教会。

「パトラウツィ」という村の奥の奥の奥で、「これ本当に合っているのか?」とかなり疑心暗鬼に陥ってました。


到着すると、教会のお向かいにある博物館からおじいちゃんが出てきて教会を開けてくれました。

入場料が5L(150円ぐらい)で内部の写真撮影は10L(300円ぐらい)。

この時点で気づいたんですが、一件一件はそれほど大きな出費でなくとも、積み重なるとデカいですね。なんせこの「モルダヴィアの教会群」は8軒ありますからね。毎回数百円払ってると終わってみたらブラン城行ける金額になってそうじゃないですか。

というわけで、ここは内部写真撮影は無しにしました。小さかったしね。

おじいちゃんは一生懸命教会や内部フレスコ画の説明をしてくれましたが、ルーマニア語過ぎて固有名詞(コンスタンティンとか)しか理解できませんでした。


2018053140_パトラウツィの聖十字架教会
パトラウツィの聖十字架教会

ここも外壁に残っているフレスコ画はこの面だけ。やっぱり外壁は厳しいですよ。

そういう意味では最初のプロボタ修道院はだいぶ残っていた方だったってことですね。それも日本の協力の賜物的なアレなんでしょうか。そうだったらちょっと嬉しいですね。ちょっとね。別にぼくがなんかしたわけじゃないしね。











2018053106_モルダヴィアの教会群
パトラウツィ→アルボレ

はい。続いてはアルボレという村を目指しますよ。ちょっと遠目ですね。


2018053141_パトラウツィ→アルボレ

2018053142_パトラウツィ→アルボレ

2018053143_パトラウツィ→アルボレ
パトラウツィ→アルボレ

なんぶちゃんも随分カメラの扱いに慣れたようです。まぁいい景色ですからね。


2018053145_パトラウツィ→アルボレ
運転中

あぁ、今回はボンネット越しに外を撮ることにしたんですね。いいですね。


2018053146_パトラウツィ→アルボレ
運転中

まぁちょっと何を撮りたいのか分からない感じですけどね。なにしてるんですか?


2018053147_パトラウツィ→アルボレ
運転中

うん。というかまだ撮るんですか。もういいですよー。


2018053148_パトラウツィ→アルボレ
運転中

もういいですよーって。おーい。


なんぶー。おーい。




おーい。。。。。











明日に続く!











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.07.28 | ルーマニア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム