世界遺産の「アダムスピーク」でご来光観てきた

【499日目】アダムスピーク(2017年2月16日のおはなし)




前回までのあらすじ。



スリランカにやっては来たものの、ツーリスト価格のやり過ぎ感にノックアウト気味のだばでー。

当初予定していた「世界遺産の遺跡巡り」をキャンセルし、スリランカ現役の聖地「アダムスピーク」に登り、そのご来光を拝むことを決意した。

そんなだばでーの昨日のスケジュールは。。。



07:00 起床

08:00 シーギリヤ・ロックに向け出発

09:00 シーギリヤ・ロック観光(雨に打たれつつ)

12:00 シーギリヤ・ロック観光終わり

13:00 アダムスピークへ向け出発

22:00 アダムスピーク着。登山開始。



という過酷を極めるもの。

なんてったってシーギリヤ・ロック登ってるんだもの。すでに山、というか岩1個登ってんだもの。



ほんとに大丈夫なのかだばでー。



いけんのか?



おう。おまえいけんのか?












ほんまにいけんのか!!?












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












2017021601_休憩所
休憩所



むりでした。。。



あ、どうもだばでーです。こんばんは。








この山の登山道、というか参詣道ですが、道幅の広いところにはだいたい何かしらお店があります。しかも開いてます。こんな時間なのに。

で、時々このような休憩所があります。

ベンチのような基礎梁のようなよく分からんものの上で、なぜか持っていた寝袋で3時間ほど仮眠を取ることにしました。



というかね、22時に登り始めて、ご来光の時間って翌6時とかなんだけど、この登山道、ガチで登れば2、3時間ぐらいで登れちゃうんだよね。

普通はさ、登山道入り口近くに宿を取って、普通に寝て、2時とか3時とかに起きてから登り始めるんだよね。

もうそもそものスケジュールが「なにやってんだばーか」みたいなものなんだよね。












とりあえず仮眠を取り、朝3時頃再び登り始めます。

普通の人たちは今登山道を登り始めた頃なので、若干の時間的アドバンテージがあります。なんとか先に着いて、いいご来光鑑賞ポイントを確保しておきたいですね。












2017021603_山頂
山頂

のはずが、山頂についた頃にはすでにぎゅうぎゅうでした。


なんかね。


スリランカ人、すげぇ話しかけてくるの。

まぁそれはここに限った話じゃなく、街とかでも歩いてるだけですぐ話しかけられます。「どっから来たの」「どこ泊まってんの」「そこいくらなの」「なんか美味いもん食った?」「あれ。髪切った?」などなど。

ここを登っている途中もいくつかのグループに話しかけられ、この山にまつわるウンチクとか教えてもらったりしました。が、いかんせんその初対面の人間と絡むのが苦手、というか嫌いなぼくにはもうただ苦痛でしかなくてね。

「ちょっと疲れたからここで休んでくわ。先行ってて」と言ってやりすごしたりしてたらなんか遅くなりました。



まぁ登山のピークの日には、山頂から登山道入り口までぎゅうぎゅうになるらしいので、とりあえず山頂に来られただけマシですかね。ちなみにこの小ネタは話しかけてきたスリランカ人グループに教えてもらったウンチクのひとつです。












2017021602_山頂
ご来光

まだ太陽は昇り始めておらず、しかし空は明るくなってきたという絶妙なタイミングです。

いやー。仮眠取って良かった。





2017021604_ご来光

空が燃えるように赤くなってきました。





2017021605_ご来光

ご来光も間近のようです。





2017021606_ご来光

空が白んできました。いよいよご来光です。





2017021607_ご来光

もうまさに「今から出たんでー」と太陽が言わんばかりの空。





2017021609_ご来光

あー。あの辺赤いですよ!もしかしてあの辺出たんじゃないですか。





2017021610_ご来光

あー。出てます出てます。ご来光ですー。ピカー☆





2017021611_ご来光

ピカ…












あの旗じゃまなんですけど。。。












ちょ。なんなの?なんなのあれ?

なんでそんなぼくのご来光写真にことごとく入ってくるの。もうどうしようもないじゃない。避けようがないじゃない。

だってぼくの真上からまっすぐ太陽の方に向いて張ってあるんだもの。

ほんとありえないスケジューリングをこなしてえっちらおっちら登って来てやっとの思いで見たと思ったらこんな旗…











あ、そうか。












2017021612_ご来光

旗をなんかそれっぽく入れちゃえばいいのか。





2017021613_ご来光

こんな感じか?





2017021615_ご来光

こんな感じなのか?






2017021614_ご来光


こんな感じがえんのんかー?












2017021616_山頂

そんなアホなことやっている間に、早速出口がすごいことに。

なんか本当にご来光「だけ」見に来たって感じですね。

こういう時いつも、「なぜこのピークを避けようと思わないのか」と不思議に思います。



特にあれね。飛行機が着陸してドアが開くまでの間ね。みんなシートベルト着用サインがついているにもかかわらず、そそくさと立ち上がってとっとと荷物を降ろしてずらりと通路に並ぶんだけど、あれなんか意味あんの?そこでどんだけ急いだところで、預け荷物受け取るところでどうせ待つじゃん。なんなのおしっこガマンしてんの?



まぁそれは関係ないんだけど、この場合もちょっと待ってから降りたらスムーズに降りられるじゃない。ノン・ストレスじゃない。

しかもまだ




2017021617_ご来光


こんな景色なのに。もっと見てから降りたらいいのに。もったいない。なんなのおしっこガマンしてんの?




2017021618_ご来光

2017021619_ご来光

ご来光だけじゃなく、朝もやに包まれた山々が神々しく眼前に広がっています。

あぁ素晴らしい。これは来て良かった。なんてったってタダだし。

あ、そう言えば登る前に神社らしきところで神官の人にお祈りしてもらったんだけど、それ用の寄付だけしました。




そろそろ人がはけたので、山頂を後にしゆっくりと降りていくことにします。












つづく。












ここオススメ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2017.05.13 | スリランカ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の「ゴールの旧市街と要塞」を、、、見た

【499日目】アダムスピーク→ヒッカドゥワ(2017年2月16日のおはなし)



おはようございます。

今日も元気にだばでーです。よろしくお願いします。








昨日の記事でアダムスピークに登りました。

で、降りてきました。



2017021620_寺


あ、これは山の下の方にあるお寺で、なんか日本のアレがアレしてるらしいです。知らんけど。



で、降りてきました。











まだ朝8時なんですよね。











どうしよう今日これから。

というかよく考えたらおれ昨日お風呂入ってないわ。

シーギリヤ・ロック登ってアダムスピーク登って8時間移動してるんだけどお風呂入ってないわ。

わしこれドロッドロですやん。



まぁとりあえずバス乗って下降りるか。降りながら考えよう。



ふもとにある休憩所で、預かってもらっていた荷物を受け取って、、、












2017021621_シャワールーム
シャワールーム


シャワールームあるやん。。。。。












2017021622_シャワールーム
シャワールーム


超ホットな水圧抜群なお湯がガンガン出るシャワールームあるやんーーーーー!!!!!



ひゃっふぉぉぉおおおおぉぉぉぉおおおおおおおお!!!!!



生ぃぃぃぃいいいき返るぅぅぅぅううううううう!!!!!



















アダムスピーク→ヒッカドゥワ
アダムスピーク→ヒッカドゥワ


なんかこの山の向こうに、サンゴ礁が綺麗だというビーチがあると歩き方先生(07年版)がおっしゃるので、そこ行くことにしました。

ツーリスト価格がパねぇスリランカですが、今回の山や海というのはお金がかからないからいいですね。

まぁサンゴ礁の海なんか行ったらどうせ潜っちゃうから、下手な観光地行くより全然金かかるんだけど。











そのビーチのある街の名は「ヒッカドゥワ」。

アダムスピークから行こうとすると、まずハットンまで戻り、


ナラタニヤ→ハットン



コロンボ行きのバスに乗ってカドゥエラという幹線道路沿いの街まで行きます。


ハットン→カドゥエラ



そこでゴール行きのバスに乗ります。


カドゥエラ→ゴール

ゴールのバススタンドからは世界遺産の「ゴール要塞」が見えます。

あ、今日のタイトルこれにしよう。


2017021625_ゴール要塞
ゴール要塞



で、ゴールからヒッカドゥワ行きのバスに乗る。


ゴール→ヒッカドゥワ



といいらしいです。バススタンドにいるスリランカ人に聞いて、「アレに乗れ」「コレに乗れ」と言われたまま乗ってたら着きました。

もちろん各バスの車内では爆睡しております。3時間しか寝てねーんだっての。











さーて。

テキトーに宿にチェックインして。。。



明日のダイビングの申し込みだけしに行くか。





ヒッカドゥワは、海岸線に沿って走る幹線道路沿いにレストランやホテル、ゲストハウス、ダイビングショップなんかが並ぶだけのこじんまりした街。

ビーチでは欧米人の姿をよく見ます。うん。バカンスをする街だ。レストランもツーリスト向けでお高い感じ。



いくつかダイビングショップを見て回り、良さそうなショップで明日のダイビングを申し込みます。

まぁ「申し込み」っつーか「明日潜るなら朝8時にココ来て」みたいな予約でもなんでもないただのアナウンスでしたが。



あー。楽しみだなぁ。

ぼくなんだかんだでサンゴ礁の海で潜ったこと無いんですよね。もう逆に「え?」って感じなんですけど。





だばで「ねぇねぇ。明日サンゴ礁のスポットも行く?」












スタッフ「こないだの津波でやられてサンゴは無いよ」

































…え?












…え?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2017.05.14 | スリランカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

いつになったらサンゴ礁でダイビングできるのか

【500日目】ヒッカドゥワ(2017年2月17日のおはなし)




2017021701_スリランカン・ターリー
スリランカン・ターリー


スリランカのターリー。

あ、ターリーというのはインドとか南アジアの定食っぽいやつで、ごはん(か、チャパティ)とカレー数種のプレートです。カレーとかごはんとかはおかわり自由なことが多い。



2017021702_スリランカン・ターリー
スリランカン・ターリー

スリランカン・ターリーは、このようにバイキングっぽい感じなのが特徴。かな?

インドのカレーより汁気がなくてちょっと辛いです。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












おはようございます。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。








というわけで今日はスリランカのサンゴ礁で有名だったダイビングスポットでダイビングしようと思います。


「だった」て。「だった」てなんなん。「だった」て。。。












2017021703_ビーチ
ビーチ

ヒッカドゥワのビーチ。

うん。ビーチ。ビーチビーチ。



ビーチからボートに乗ってダイビングスポットまで。



2本潜ります。




2017021704_ダイビング

2017021705_ダイビング

2017021706_ダイビング

2017021707_ダイビング

2017021708_ダイビング

2017021709_ダイビング

2017021710_ダイビング

2017021711_ダイビング

2017021712_ダイビング

2017021713_ダイビング

2017021714_ダイビング

2017021715_ダイビング












ウミウシかわいいなぁ。












バディの女の子かわいいなぁ。。











ウミウシかわいいなぁ。。。

























サンゴ。。。。。



















サンゴに呼ばれていない気がする。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2017.05.15 | スリランカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

曲名は「遙か彼方」

【501日目】ヒッカドゥワ→コロンボ(2017年2月17日のおはなし)



どうもこんにちは。

だばでーです。今日もよろしくお願いします。








明日の便でスリランカを離れ、インドに戻ります。


なので、今日の内に空港の近くのコロンボまで移動しておきたいと思います。


ヒッカドゥワ→コロンボ
ヒッカドゥワ→コロンボ


ただ単純に移動するのではおもしろくないし、せっかくなので今日は鉄道に乗ってみようと思います。

スリランカも、イギリス植民地時代に国中を網羅するように鉄道が整備されており、大きめの都市間であれば鉄道も利用できます。バスのほうが利便性高いと思いますが。移動距離も短いし。

この「ゴール→(ヒッカドゥワ)→コロンボ」の区間は、海沿いを走る人気の路線で、ヤシの木立を見ながら走るとか何とか歩き方先生がおっしゃっておったので、「じゃあ乗ってみる?」って感じですね。



いやー。なんか金を使わずにやろうと思ったらやれるもんだな。












2017021801_ヒッカドゥワ駅
ヒッカドゥワ駅

というわけでヒッカドゥワ駅にやってきました。


のですが、なんか列車はついさっき出たらしくてしばらく来ないらしい。

ヒッカドゥワでじっとしていてもしょうがないので、鉄道の始発駅のゴールまでバスで行き、そこから乗ることにしました。




2017021802_ヒッカドゥワ市街地
ヒッカドゥワ市街地

バスから眺めるヒッカドゥワの市街地。

アーユルベーダの看板もありますね。あれスリランカで盛んらしいですね。まぁぼく興味ないんですけどね。

あとキリル文字の看板もちらほら見かけるので、ロシア人とか結構来るみたいです。



2017021803_魚売り
魚売り

路上で魚を売っている台車を見ました。

あれは、、、観賞用でしょうか。食用でしょうか。












2017021804_ゴール駅
ゴール駅

小一時間でバスはゴールへ。

ゴールのバススタンドの横にあるゴール駅。便利でいいですね。


2017021805_ゴール駅
ゴール駅

ゴールは、南部スリランカでは中心的な都市で、わりと大きめだと思うのですが、駅の窓口はひとつしか開いていませんでした。

何も言わなかったけど2等のチケットをくれたのでそれを購入。

しばらくプラットフォームで時間をつぶします。

本当は、トゥクトゥクでもチャーターしてゴールの旧市街とか城塞とか世界遺産指定区域を見て回ると良かったのだと思うのですが、もうね、スリランカのファッキンツーリストプライスに対し、「もう金なんか使ってやんねぇ」と心に決めているのです。なのでぼくはプラットフォームのベンチでマンガを読んでいるのです。












2017021806_ゴール駅
鉄道

あ、列車来ました。

列車が到着すると、周りの乗客やすでに車両に入っている乗客が口々に「おまえはもっと前だ」と教えてくれます。なるほどこのへんは3等車で、お目当ての2等車はもっと前にあるのね。



2017021807_2等車
2等車

2等車にたどり着いた頃にはすでに満席でした。

なんか2車両しかないし。2等車。

2等車と3等車との違いは、イスがシート張りか木かの違いぐらいらしいんですけど、それだったら別に3等で良かったのに。



2017021808_マイポジション
マイポジション

イスの間の通路に立ってても景色見えないし、それだったら最初から座ることを諦めて景色の見える場所を確保しておいた方が良くね?

というわけで、トイレの前の隙間にあった窓前をキープ。


「こいつこんなとこで何やってんだ?」


という視線を浴びますが無視し、アジカンを熱唱しながら景色を堪能します。なぜか今アジカンにハマっているのです。












2017021809_世界の車窓から

生き急いで〜♪



2017021811_世界の車窓から

搾り取って〜♪



2017021812_世界の車窓から

縺れる足 だけど前より ずっとそう 遠くへ〜♪



2017021813_世界の車窓から

奪い取って〜♪



2017021815_世界の車窓から

掴んだって〜♪



2017021814_世界の車窓から

君じゃないなら 意味は無いのさ だから〜♪



2017021816_コロンボ駅

はる…あ、着いた?あぁそう。





到着するとコロンボは猛烈な雨。

明日の飛行機で出国、からのインド入国なので、今日はネットでいろいろと準備をしておきたい。

今回のインド入国は、ビザを取らずに空港でのアライバルビザ取得で入りたいのですが、これは日本人のみのサービスらしく、航空会社のチェックインカウンターなどで、担当者がそのことを知らないと乗せてくれないとかなんとかなるかも知れません。

そうならないよう、「日本人はそれいけるんやで」というインド外務省あたりのページとかスクショしておきたい。

あとまぁ入国審査対策に宿の予約とかもしておきたい。


というわけで、今日の宿は Wi-Fi が必須。


できれば事前に調べて予約しておくべきだったのですが、なんかヒッカドゥワで泊まっていた宿は Wi-Fi が死んでいて使えなかったので、なんの予約も下調べもなくここコロンボにたどり着いてしまっているのです。



こんな日は、とりあえず安宿の集まっているエリアに行って、一軒ずつ訪ね歩くしかないのですがこの豪雨。



もうあれですね。スリランカ完全にぼくのこと舐めてますね。




2017021817_豪雨
トゥクトゥク

やむを得ずその辺のトゥクトゥクをチャーター。

2,000R(1,800円)がこの辺の相場だとか言い張るドライバーの中、「かろうじて払えそうな値段の宿を知っている。Wi-Fi?もちろんあるさ」と言うドライバーがいたのでやむを得ず乗りました。

ドライバーのトゥクトゥク代(言い値)も安かったので。これは宿からコミッションもらうパターンのヤツですね。












宿に到着しました。



だばで「すいません。今日の宿を探しているのですが空いてますか?」


宿スタッフ「空いてるよ」


だ「おいくらでしょう?」


宿「1,200円だよ」


だ「はい。ありがとうございました」


ドライバー「ど、どうした?」


だ「いや、なんか高いから。聞いてた値段と違うよ」


ド「ちょっと待て。おれが話してやるから」


宿「…」


ド「…」


宿「わかった。800円だ」


だ「Wi-Fi あるんですよね?」


宿「あるけど200円のエクストラチャージだ」


だ「はい。ありがとうございました」


ド「ど、どうした?」


だ「なんか Wi-Fi 使うと追加料金だって言うから」


ド「いやいやそんなことないぞ」


だ「そんなことないぞったってそう言ってるし」


ド「まてまて。おれが話す」


宿「…」


ド「…」


宿「分かった。追加料金無しだ」





なんかフロアごとに Wi-Fi 設置してあるとかいう宿ではなく、使いたい人の部屋に Wi-Fi ルーターを持ってくるという「そりゃ追加料金ですよね」な感じの宿でした。

この設定をしに来てくれたスタッフが全然ダメな感じであれこれやるものの Wi-Fi が作動せず「5分待て」とか言うので待ってたら30分経過して「よし。もう宿変えよう」と思ってレセプション降りたら別のスタッフが来てくれて一瞬で繋がって「あんのクサレスタッフ野郎が」と思って荷物取りにレセプション降りたら(「Wi-Fi 繋がるの確認するまでチェックインしねぇ」と荷物はレセプションに置いておいた)さっきのクサレスタッフが奥からひょっこり出て来てどうやら彼はムスリムでちょうどお祈りの時間だったらしく「だったらだったでそう言えよ」と心から思ったんだけどチキンなので口には出さないんだけどなんかもうこう、、、スリランカだるい。



スリランカ人は基本親切なんですけどね。



今日も鉄道乗ってる時に窓からヒジ出してたらどっかの駅で突然外からヒジ叩かれてなんだと思って見たらおっさんが「ヒジ引っ込めろ」みたいなジェスチャーしてて「あぁ、こうやって見ず知らずの他人にすら注意できるような文化の国なんだな」と思ったりするんだけどただそういう「他人との付き合い」が希薄になってお隣さんとすら挨拶しないような国で育った日本モヤシ的にはただの「おせっかい」でしかなくて会社員やってた頃に嫌いな上司が「小さな親切大きなお世話」とかドヤ顔で言ってて普段は「何言ってんだこいつ」としか思わないんだけどこればっかりは同意というかなんというか、、、スリランカだるい。





明日は移動するだけの日になるので、実質今日がスリランカ最後の日なんだけど、個人的にはあまりしっくりこなかったな。

ツーリストプライスがパねぇというのももちろん大きいんだけど、それ以上に国民性がぼくと相性が良くないね。

見ず知らずの他人に道端で突然声かけられるんですけどね。

まぁそれはキューバとかコロンビアとかでも普通にあることで、ただあっちは「ハロー。ハワユー?」「ファインセンキュー」「OK。テイクケアー。ハハハー」みたいな挨拶の延長でちょっと会話するみたいなラテンのノリなんですよね。

それに対してこの国は「職業は?」「家族構成は?」「何しにスリランカ来たんだ?」「…」と「職質か」とツッコミたくなるほど深い会話をしたがる。一見さんの家族構成を聞いてどうしたいんだ君たちは。

人によっては「人懐っこい」とか「親切」とかそういう感じ方をするレベルだとは思うんですが、ぼく的にはほぼ「ウザい」の範疇に入ってて、まぁ簡単に言うとスリランカだるい。






スリランカだるかった。






すったもんだありながらも繋がった Wi-Fi で明日のインド入国のための準備をひとしきり終え、「あーようやくだるいスリランカ脱出ですよ」と眠りに落ちようとしたところで気づきました。













明日からインドやん。。。ということに。












インドのウザさはスリランカの比ではない。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2017.05.16 | スリランカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム